Enjoy Sayuri's photos.
日本国内や海外の風景、街並みをぱしゃり☆
Nikon D5600を愛用しています。
Entry

Categories

Archives

Comment
  • 育児グッズ(出産準備〜生後3か月半時点) taking care of my baby
    smile (08/18)
  • 育児グッズ(出産準備〜生後3か月半時点) taking care of my baby
    smile (08/13)
  • 満員御礼 full house
    sayuri (12/26)
  • 家族3人になって365日目 happy birthday♪
    sayuri (12/26)
  • 満員御礼 full house
    コテツ母 (12/26)
  • 家族3人になって365日目 happy birthday♪
    コテツ母 (12/26)
  • 育児グッズ(出産準備〜生後3か月半時点) taking care of my baby
    smile (10/23)
  • 育児グッズ(出産準備〜生後3か月半時点) taking care of my baby
    sayuri (10/16)
  • 育児グッズ(出産準備〜生後3か月半時点) taking care of my baby
    smile (10/14)
  • もぐもぐ ready for lunch
    sayuri (07/03)

Profile

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
Others


牡蠣の穴場 oyster in yorishima
2011/12/06 23:59

sunrise izumo - ana 787

12月4日。蒜山の休暇村の朝は小雨。

sunrise izumo - ana 787

朝食も豪華。かなりこだわって作っているみたいです。普通のホテルのビュッフェとは違い、種類も豊富で、手間のかかった料理も多くそろっていました。

sunrise izumo - ana 787

11時。せっかく蒜山に来ているのだからと、B級グルメでno.1に輝いた蒜山焼きそばを食べに行きました。悠悠というお店の評価が高かったので行ってみました。

sunrise izumo - ana 787

味噌味の蒜山焼きそば。悠悠では鶏肉が入っていました。から揚げも追加で注文。

sunrise izumo - ana 787

蒜山は乳製品も豊富なようで、マンホールは牛!

sunrise izumo - ana 787

牛2匹バージョンもありました。

sunrise izumo - ana 787

広島空港に向かう途中、寄島という小さな漁港に寄りました。なんでもここは、牡蠣の穴場スポットのようです。

sunrise izumo - ana 787

穏やかで小さな町、寄島。

sunrise izumo - ana 787

牡蠣をキロ単位で売っている小さな店がたくさん並んでいます。牡蠣小3kgで2,000円!などで売られています。大量に買いたい人には格安で牡蠣が手に入る場所です。

sunrise izumo - ana 787

私たち4人が目をつけたのが小笠原水産。なぜって、特大の牡蠣が12個で1,000円だったから。キロ単位で売っているところばっかりなのに、個数で買えたのがこのお店だけでした。


sunrise izumo - ana 787

生牡蠣で食べたり、、

sunrise izumo - ana 787

その場で焼き牡蠣で食べたり。。本当においしいし、安かったし☆

もし岡山に遊びに来るなら、寄島に是非行ってみてください。

sunrise izumo - ana 787

でもね、寄島地域のマンホールは牡蠣ではなくてカニのイラストでした。カニがおいしいのかな??


残念なことに、ここでカメラ(pentaxq)の充電が切れてしまいました。この先は携帯のカメラに頼るしかありません。次の旅行の時は、きちんと充電器も持ってこよう。

sunrise izumo - ana 787

携帯で撮影したので、なんだかのっぺりしてます。「崖の上のぽにょ」の舞台となったと言われている鞆の浦にやってきました。船で5分ほど行ったところにある仙酔島に上陸!

sunrise izumo - ana 787

仙酔島の展望台からの景色。

このあと、広島県の尾道で夕飯を食べた後、ANA787に乗って羽田に戻りました。787の写真は次回アップします!

-------☆
camera: pentax q & au s007


Comment










この記事のトラックバックURL

http://sayuri-photo.jp/trackback/146

この記事に対するトラックバック